| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

クーキー

この夏 映画館が熱い!!のか
今月2本目の映画館鑑賞です。
20150824a.jpg
こんな風貌なので「ミトン」想像する人もいるかもしれませんが…

ちなみにミトンはロシアの超キュートなアニメです。

(0:32頃)

クーキーはチェコの作品でコマドリではなくリアルタイムの撮影で
実際に森の中にセットを組んでぬいぐるみとかを動かしてます。

表情はつけてないけれどセリフはあります。
(第一声に驚きました…しゃべらないと思ったので…)

物語は喘息もちの男の子が
お気に入りのぬいぐるみ(クーキー)を
お母さんに捨ててしまう、そして
クーキーがゴミ捨て場を脱出しておうちに戻るまでの話です。

現実の男の子の話と
ファンタスティックなぬいぐるみの話がからみあう
甘すぎない意外とクールでちょっと気持ち悪い映画です。
(虫がダメだと見られないかも)
クーキーが出会う森の生き物たちのデザインは
キュートだけどグロい感じ。

あー チェコだなぁ って感じです。

長くなるのでたたみます。以下ネタバレあります。

≫ Read More

| 観劇・観賞 | 14:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド鑑賞。
話題の4DXで見たかったけれど
チケットが取れなくてIMAX3Dで。
(Aちゃんありがとう。お蔭様でド・センターで楽しめました)

恐竜は子供の頃から大好きで
大好きすぎて妙に詳しくなり(研究者になりたかったらしい)
ジュラシック・パーク公開時は
ジュラ紀メンバーのいないパークに興味が持てず
映画館に行かない選択をするくらい。

さて今作。
ツッコミどころは沢山あるし
位置関係もはっきりしないし
肝心の恐竜は一切説明されないし

でもそこが
見る側も混乱に巻き込む原因にもなってるから
狙い通りなのかもしれないですが…。

なんにせよこのシリーズの肝は恐竜なので
恐竜が良ければ全て良し。

質感も重量感も存在感も文句ないし

全て適材適所だったし

ヴェロキラプトルが
可愛くも憎たらしくも動物的で良かったです。

なによりも
大好きなアンキロサウルスを
でっかい画面で見れたのは幸せでした。

(長くなるので畳みます。以下ネタバレあり)

≫ Read More

| 観劇・観賞 | 10:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HPのTOP更新

ジュラシック・ワールド見に行って
恐竜ブーム再熱です。

というわけで
HPのトップの絵を更新しました。

プロトケラトプスです。

映画の感想はのちほど。

| お知らせ | 17:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |